よくあるご質問 「税務、会計、財務」のスペシャリストとして、お客様に寄り添い、様々な悩みを一緒に考え、問題解決策を導き、サポ-トします。

フリーダイヤル0120-733-184
よくあるご質問

以下、ご相談・ご質問の一例をご紹介致します。
アイリス税理士法人は、「税務、会計、財務」のスペシャリストとして、お客様に寄り添い、
様々な悩みを一緒に考え、問題解決策を導き、サポ-トします!
各種無料相談を実施しておりますので、お気軽に お問い合わせ ください。

起業したい。

起業したいと考えています。
開業当初は資金的余裕が無いので、しばらくの間は、できることは自分でやって、
経営が安定してきた段階で、プロにお願いしたいと思っています。

しかし、計理や税務についての知識が乏しいので、先々、 やっぱり依頼しておけば良かった~
ということにならないかと心配しています。
こんな状態なのですが、相談にのっていただくことは可能ですか?

開業当初は出来るだき出費は抑えたいものです。
まずは、無料にて何なりとご相談ください。
開業当初こそ専門家に相談されることをお勧めします。

これまでに多くの開業のご相談を受けておりますが、例えば、
青色申告や消費税の届出など必要な届出を知らず後々どうしようもない等、
知っていれば対応できたケースを多く見受けます。
創業に際して助成金が申請できるケースもあります。

いくらの売上から税理士に依頼すればいい?

ちなみに、いったいいくらの売上から税理士に依頼すればいいのでしょうか?
ご相談する場合の相談料や必要な資料なども教えていただけると助かります。

税理士が必要な売上は業種によって変わると思いますが、
社長を含めて従業員・パートさんが3名を超えるころ位から
社内での管理が必要になるのではないでしょうか?
このあたりが、税理士をご依頼されるポイントかなと思います。

1. 日々や月別の売り上げがわかる書類。
2. 日々の支払いの領収書。
3. 仕事で使用している預金通帳のコピー。
4. 取引先からの請求書。
5. 給与の支払いがわかる書類。
6. クレジットカードを利用している場合は明細書のコピー
  (毎月クレジット会社から送られてくる請求書)」

詳しくはこちらもご覧ください >>顧問税理士の必要性
ご相談は、無料でお受けしております。

法人化を予定しています。

個人事業主ですが、社会的に信用性が必要になってきたため法人化を予定しています。
簿記の知識が多少あるので、確定申告(青色申告)は自分で行っていましたが、
法人決算はよくわかりません。決算だけ依頼することはできますか?

また、アドバイスもいただきたいのですが…。

決算のみをご依頼されるお客様もたくさんいらっしゃいます。
一番大切なことは領収書をしっかり取っておくことです。

また、出来るだけ口座引き落としやクレジット払いにしておくと
整理する書類が少なくなります。
また、会社設立も手数料0円にて承ります。

経理事務のアウトソーシングとそのメリット。

親子で経営している小さな会社です。
経理・税務関連の業務は母が担当しているのですが、
高齢のため、母の業務のアウトソーシングや税理士への依頼を検討中です。
依頼は可能ですか?
また、現在は顧問税理士がいないのですが、顧問になってもらうメリットは何ですか?

もちろん、ご依頼は可能です。顧問税理士のメリットは、

1. 不慣れな入力業務をアウトソーシングし、
   出来た時間を得意な営業活動に専念し収益力を上げることができる。
2. 税務署に対してお客様の立場になってお客様の利益を守る。
3. 日々変化する税法へ対応する時間を節約できる。
4. 日々の経理や税務のわからないことをすぐに相談できる。
5. いざという時に、弁護士・社会保険労務士・
   司法書士といった専門家のネットワークも利用できる。

会社の経営で大切なことは情報の整理と活用です。
税理士を情報入手源としてたくさん利用してください。

決算なのに、経理担当者が急に退職。

約1ヶ月後に青色申告を行わないといけないのですが、
計理担当者が突然退職しました。
会計ソフトへの領収証や請求書などの入力も、
申告に必要な分全てを入力しきれていない状態で、とても困っています。
急な依頼なのですが、決算申告の依頼を受けてもらえますか?

経理担当者の突然の退社はよくあることです。
ただ、やむを得ない事情があるとはいえ、社内は混乱してしまいますね。
次の方もすぐには見つからず、
引き継ぎがうまくいかないいケースもよくあります。

しかし、ご安心ください。
大量な入力業務も専門に対応できる体制をとっております。
経営者としては従業員の退社はある前提で
会社組織を考えておかなければなりません。
税理士をうまく利用することにより、
リスク回避と経理コストダウンが可能です。

顧問税理士を変更したい。

現在の顧問税理士を変更したいのですが、
税理士にその話を出した途端、渋い顔をされました。
今後、お願いしていた分の会計データがちゃんともらえるか、変更後の嫌がらせがないか…。
業務に支障が出るのではないかと心配しています。
できるだけスムーズに変更できるようなアドバイスやフォローはしていただけたりしますか?

会計データはお客様のものです。
また、税理士は守秘義務を課せられています。
嫌がらせなどをする税理士がいたら税理士会が厳正に対処します。
書類の返却依頼や、やり取りのアドバイスもいたします。
安心してご相談ください。

記帳代行や会計データの取り扱いについて。

最初は記帳代行もお願いし、当社の体制が整ったら、
社内で記帳や代行を自社で行いたいのですが、
やっていただいている会計データはもらえますか?

もちろんです。会計データはお客様のものです。
その後、引き続き社内で入力が行えるようサポートもいたします。

また、本来記帳は自社内で行うことが望ましいです。
ただ、問題は、自社内で行うにはコストがかかる点です。

めまぐるしく変化する税法や日々の入力業務を行う人材を
社内で確保する必要があります。
また、給与以外にも社会保険や福利厚生費、通勤費、
意外にも机を置く事務所スペースにも
コストがかかります。

突然の税務調査。

突然、税務署から税務調査の依頼がありました。
顧問の税理士はいません。立ち会いはお願いできますか?

もちろん、顧問契約がなくても税務調査立ち会いは可能です。
ただ、その場合の費用として1日あたり60,000円(税抜)が必要です。

通常、税務調査はお客様の会社での調査は3日前後です。
その後、税務交渉、報告書や意見書等の書類作成、修正申告書の作成等
2~3カ月以上かかるケースもありますので、
トータルで数十万円頂く場合もございます。

お客様の税務を全面的にサポートする
顧問契約をお勧めいたしております。

経理責任者がいない。

優秀で信頼できる経理責任者がいません。
また、そのせいか採用したスタッフもすぐに辞めてしまします。
引き継ぎもスムーズに出来ず、結果として管理がずさんになり、
月次の決算報告も提出されません。

経費の二重支払いや請求漏れ、仕入先への支払い漏れなど
取引先にも不安を与えてしまっています。
この状態は非常に問題であり、早急に手を打たなければなりません。

業績は好調なのでなおさら経理部の弱さが不安です。総合的な対策を打ちたいと考えています。
経理に関してどの程度まで依頼することが可能ですか?

経理部の丸ごとアウトソーシングが可能です。
規模的には従業員100名以上の規模でも十分に対応可能です。

経理システムの構築、使用コンピュータの選定、
経理スタッフの手配まで弊社が請け負うことができます。

医業経営を総合的に支援します
医院・クリニックの開業・経営を総合的に支援します

経理丸投げでコスト削減&楽々経営
経理代行・アウトソーシング

相続無料相談実施中
相続税法改正で資産家だけの話では無くなる相続問題。相続無料相談実施中

各種キャンペーン&無料相談実施中
顧問税理士変更キャンペーン 会社設立キャンペーン 相続税申告キャンペーン

主なサポート地域

<東京都、東京近郊>

【東京都】

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、葛飾区、江戸川区、 目黒区、 大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区

【その他】

千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県

<福岡県、福岡近郊>

福岡市(東区、博多区、中央区、南区、城南区、早良区、西区)、 筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、筑紫郡那珂川町、 糟屋郡(宇美町、粕屋町、篠栗町、志免町、新宮町、須惠町、久山町) 宗像市、古賀市、福津市、糸島市
北九州市、小郡市、久留米市、鳥栖市